まあるい旬生酵素は何錠をいつ飲むのが一番効果があるのか検証してみました

まあるい旬生酵素は酵素サプリです。年齢、生活習慣によって減少する酵素をサポートするサプリとなっており、効果的な摂取方法を試みれば、ダイエットも夢ではありません。

 

どのような飲み方をすれば、もっとも高い効果が得られるのでしょうか。

 

乳酸菌で検証

まあるい旬生酵素は公式サイトを見れば、1日2〜6粒を目安と書かれています。もっとも効果があるのは何粒?粒数ごとに検証してみたいと思います。

 

1日2粒

まず、もっともポピュラーな2粒から検証してみましょう。

 

まあるい旬生酵素には22種類の乳酸菌が配合されていますが、2粒の場合、100億個の乳酸菌を摂取することができます。

 

乳酸菌は多いに越したことはありませんが、実はわたし達の腸内には100兆個もの乳酸菌が潜んでおり、100億個の乳酸菌が腸まで届いたとしても、そう大きな効果は得られません。

 

1日3粒

3粒とすれば、単純計算で乳酸菌150億個です。150億個も100兆個の前では至って普通ですが、50億個増えたことで便秘が解消される方もいらっしゃいますので、まったく効果がないとは言い切れません。

 

1日4粒

4粒では、乳酸菌200億個になります。2粒の100億個から考えれば、倍になりましたので、頑固な便秘の方もスッキリできたのではないでしょうか。

 

1日5粒

5粒では、250億個になります。4粒と5粒の差はそう大きくありませんが、2粒の100億個から考えれば、倍以上です。慢性的な便秘にも対応できる乳酸菌となったのではないでしょうか。

 

1日6粒

最後は6粒です。乳酸菌は300億個となりました。この乳酸菌でお腹スッキリが認められないとなれば、乳酸菌の力では腸内環境を整えることができません。医師に相談すべきの重い便秘かもしれません。

 

効果的な飲み方は?

まあるい旬生酵素を効果的に飲みたい時は、2粒から始めて、体調をみながら、徐々に増やしていきましょう。最初からいきなり6粒は危険です。

 

ちなみに、乳酸菌は数を多く摂るより、多くの種類を摂ることが大切です。その点でいえば、まあるい旬生酵素には22種類という数の乳酸菌が配合されていますので、腸内環境を整える効果は抜群。

 

増やすタイミングは?

増やすタイミングは、夕食後がおすすめです。就寝中のお腹の中で乳酸菌一生懸命に働いてくれますので、翌朝のトイレタイムを楽しみに。

 

まあるい旬生酵素は、身体のリズムをつくる上でも、おすすめです。毎日のトイレタイムの状況をカレンダーやメモに記載しておきましょう。身体のリズムを知ることで、更に効果的な飲み方ができます。

 

⇒ まあるい旬生酵素を購入するなら絶対に知っておきたい口コミと効果はこちら

 

購入は最安値・返金保証がある「まあるい旬生酵素」の公式サイトからどうぞ

まあるい旬生酵素